歯槽膿漏 歯周病

歯槽膿漏になる前の歯周病予防・シシュテック

歯科医院での歯槽膿漏・歯周病治療には高額な治療費と気の遠くなるような時間がかかります

軟らかい食べ物、飽食・噛むことの少なくなった現代、こどもが歯周病に、糖尿病になる時代です。

 

歯周病は自覚症状のないままに静かに進行する 痛くもかゆくもない

 

       Silent disease 無症状疾患です。

 

 

 

【歯槽のうろう予防】に特化した医薬部外品 ・シシュテック

 

 

シシュテック
12972

 

歯はひとり一人の宝物・トレジャーです

 

・10秒程クチュクチュするだけ
・アドバイスブックや購入者へのサポートも充実
・口もスッキリするし、何より医薬部外品だから安心

 

・自分の歯で食べられるご飯のありがたみ
・歯周病予防&ホワイトニングもできるマウスウォッシュ
・日本製
・医薬部外品
80%の方がクレジット決済

通常価格 容量 1回あたり
¥8800(+送料¥700) 500ml・ 1か月分 ¥70

 

 

 

歯周病と糖尿病

 

歯周病とは、歯周病菌によって引きおこされる感染症です。

 

 

 

 

糖尿病とは、食べたものから分解された糖分が、体内に吸収されにくくなり
血液中に糖分が溜まってしまう状態(高血糖)が続く病気です。

 

高血糖状態が続くと、免疫力が低下し感染症にかかりやすくなり
さらに心臓病、腎臓病、脳卒中、失明などの合併症を引き起こしてしまいます。

 

歯周病が糖尿病と深く関連する病気であるということがわかりました。

 

 

 

歯周病は、お口の中だけの病気ではありません

 

 

歯周病の原因は普段見えない歯周ポケットの内部に付着した
「歯垢」によって引き起こされる炎症です。

 

 

 

歯周病菌は血液を介して全身を駆け巡り、インスリンの働きを妨げ
恐ろしい糖尿病を引き起こす原因にもなることがわかっています。

 

 

糖尿病合併症

 

 

糖尿病になると様々な合併症が起きやすいとされております
怖いのはこの合併症でしょう。

 

 

歯周病菌は、インスリンの働きを妨げ恐ろしい糖尿病を引き起こす原因にもなるとご案内しましたが
その逆で、糖尿病の人は糖尿病でない人に比べて歯周病になるリスクが高いという報告もあります。

 

 

歯周病を治療することによって歯周組織の炎症が改善すると、
インスリンが働きやすい状態に戻って、高い状態の血糖値が改善する可能性があるという報告もあります。

 

 

 

糖尿病腎症 糖尿病網膜症 糖尿病神経障害

血糖値が高い状態が続いて起こる糖尿病腎症は腎機能が正常に機能しなくなり人工透析しなくては生命を維持することができなくなります。

 

腎臓移植しない限り人工透析は一生続きます。

糖尿病による目の合併症として失明する、目の毛細血管がやぶれてしまい光を失うことになります。

糖尿病神経障害その名の通り血糖値が高い状態が続くと、あらゆるところの神経に障害が起きる。

 

男性の場合は勃起障害も引き起こすことも。足が先から壊死してしまい切断せざるを得なくなります。

 

 

歯周病菌と心疾患、早期低体重児出産

 

 

歯周病は、糖尿病のほかに心臓血管にも侵入して心疾患

へその緒を通じて胎児に影響する期低体重児出

 

心疾患 期低体重児出

心疾患とはやはり加齢による生活習慣病といってもいいと思います。心臓に十分な血液が行き渡らない、私たちの心臓は私たちが起きて働いてる時も睡眠中だって休むことなく血液を全身に送り出し続けてています。

 

心臓の筋肉は収縮と拡張を休みなく続けている筋肉の塊です。それを取り巻く動脈はこの心臓という筋肉に酸素や栄養を供給し続けています。

 

この血管が細くなったり詰まったりすることで血流が悪くなることがあります。それが狭心症や心筋梗塞につながります。歯周病の人は、そうでない人と比べてこのような狭心症や心筋梗塞を発症するリスクが高いことが報告されています。

 

なぜなら血管内に入り込んだ歯周病菌は当然のように全身を駆け巡りますから。

歯周病の人は、そうでない人に比べて低体重児出産や早産する確率が高いことが報告されています。

 

 

妊娠中の女性は命がけ、オーラルケアが疎かになりがちです。

 

 

したがって妊娠中の女性は歯周病には細心の注意が必要になってきます、へその緒を通じて胎児に影響するのですから。

 

 

 

 

歯周病菌と誤嚥性肺炎、骨粗しょう症

 

 

 

唾液中に含まれる歯周病菌による誤嚥性肺炎

歯を支える歯周組織にも悪さをしてしまい骨粗しょう症とも深くかかわっているのです。

 

誤嚥性肺炎 骨粗しょう症

誤嚥とはその名の通り、誤った嚥下(飲み込むこと)という意味。

 

あなたも食事の際に食道ではなく、食道と気管の上にある咽喉(いんこう)や気管に入りかかったことがありますよね! むせって涙目になり顔が真っ赤になり、咳き込みます。食べ物が気管に入るのをとどまって落ち着きます。

 

身体が反応して食べ物が気管に入るのを防いで口の中に戻してくれたんですよね。 加齢によってこの”自然の身体の反応”ができずに自らの唾液や食べ物が誤って肺に入り、肺炎を起こしてしまうことを誤嚥性肺炎といいます。

 

歯周病菌は肺炎の原因となるものが多いです。ニュースでも聞いたことがあるはずです、この誤嚥性肺炎は高齢者の死亡原因として高い確率で存在しています。

 

同時に覚醒中の意識がある間はもとより、眠っているときなどにも無意識の状態においても自分では知らない間に唾液などの誤嚥を繰り返してしまっていることがあるのです。

骨粗しょう症はだいぶ皆さんにも周知されてきたように思います。

 

特に女性は普段からのカルシウムの貯蓄は欠かせません!

 

歯を支えているのは歯槽骨という骨です。

 

骨粗しょう症にならないためにも充分なカルシウムを補給をお忘れなく。

 

 

 

 

 

こんな症状ありませんか?

 

 

・硬いものが噛みにくい

 

・あれ?歯が長くなってる
・必ずといっていいほど歯磨き中に出血していた

 

 

 

・歯医者さんに「初期の歯周病です!!」 と言われた
・歯茎がすごく下がっていることや隙間が気になる
(骨が溶けておりこのままでは歯が抜け落ちると言われた!)

 

 

 

・歯磨きは歯間ブラシ、フロス、していても朝起きると口の中がネバネバする
・歯肉がむず痒い

 

 

・歯が揺れてきてるような気がする
・「歯槽膿漏」なんてもっと年上の人が気にするもの…
・口臭が気になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シシュテックは徹底殺菌

 

・イソプロピルメチルフェノール ・グリチルリチン酸2K

 

殺菌成分・イソプロピルメチルフェノール
(化粧品成分表示名称・シメン-5-オール)
【化学名】3-メチル-4-イソプロピルフェノール

 

殺菌力ある成分、口中の雑菌減少効果、虫歯の発生・進行や口臭予防。

 

ほとんど無味、無臭ほとんど刺激性が無く、人臨床試験等で皮膚アレルギー性は報告されていません。

 

安定な化合物で長時間効果が持続します。
歯痛、歯槽のうろう薬 殺菌成分行や口臭予防

 

ほかの用途として
ハンドソープ、ボディーシャンプー、制汗剤、洗顔料等

 

 

抗炎症成分・グリチルリチン酸2K(化粧品成分表示名称)

 

甘草から得られる抗炎症成分のこと歯ぐきの腫れと炎症を防ぎ、歯周炎、歯肉炎を防ぎます。

 

医薬部外品表示名称はグリチルリチン酸ジカリウム 漢方でよく耳にする、マメ科植物甘草の根または茎から抽出し精製したグリチルリチン酸に水に溶けやすくするためにカリウムを結合させた白色粉末です。

 

グリチルリチン酸の誘導体で、水に溶けやすいものグリチルリチン酸2k、油脂に溶けやすいものがグリチルレチン酸ステアリルになります。

 

強力な消炎作用があり、急性および慢性の皮膚炎に対して著しい効果が明らかにされているため医薬部外品の有効成分にも対応している成分です。

 

さらにうれしいことに敏感肌や乾燥肌など肌に刺激をあたえない・優しい成分です。

 

 

 

歯槽のうろう予防には植物の力

 

ローズマリーエキス ビサボロ―ル

シソ科植物、常緑低木、国内ではマンネンロウ(中国では迷迭香(めいてつこう))の葉や花びらから抽出した芳香性のある淡い褐色のエキス。

 

お料理にも使われていることはご存知のとおりですよね。

 

抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用、血流促進作用をもつ世界中に知れ渡った薬草といえます。

 

シソ科といえば、

 

ローズマリーのほかにもバジル、ミント、ラベンダー、セージ、マジョラム、オレガノ、タイム、レモンバームという有名どころのハーブが居並びます。

 

 

 

キク科・カモミールなどの精油に含まれるハーブ成分。

 

無色、淡黄色の透明な液体。別名レボメノール は天然に存在する単環式セスキテルペノイドの一種。

 

安全性が高く、消炎、静菌効果があります。

 

 

シシュテックはさらに厳選成分配合

 

 

・カモミラエキス ・キシリトール ・メントール ・茶エキス

 

 

キク科植物のカミツレの花から抽出して得られる天然由来成分・エキスです。

 

化粧品成分表示名称・カミツレ花エキス。

 

ヨーロッパでは古くから薬用目的で使用されています。

 

 

敏感肌にもやさしく安全性もきわめて高いといわれています。

 

 

キシリトールはおなじみの天然の代用甘味料として、ガムやキャンディー、タブレットに入ってる、キシロースから合成される糖アルコールの一種。

 

イチゴやバナナにも含まれています。

 

 

砂糖と比べてカロリーも低く虫歯予防として一翼を担っているのはご存じのとおりです。

 

英語読みではメンソール、メンソールたばこでおなじみですよね!

 

 

アルコールの一種の有機化合物。

 

薄荷油(はっか油)の主成分で,はっか脳ともいわれる。

 

このスッキリ感はたまらないですよね。

 

ご存知、お茶っ葉から抽出されたエキスですよね。

 

緑茶は抹茶として世界中に親しまれ、抹茶を使ったお菓子が「爆買い」され超有名になりました。

 

ロールケーキ、をはじめ 様々な料理に使われ始めています。

 

 

茶といえばカテキンと連想する方も多いはずです、その抗酸化作用(ポリフェノールによる)と女性にうれしい脂肪を燃焼する効果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シシュテックができるまで

宮坂久美子

 

食事の度に歯磨きすると1日3回、1週間で21回、1年間で1065回、
人生100年では?

 

 

30代だから、まだ大丈夫でしょ?!
歯周病?僕たち世代にはまだ早いでしょ!
差し歯となれば自分自身の歯を取り戻すことはできません。

 

「適切なケア」でなければ歯周病のリスクは高まります
私は日ごろのブラッシングと並行してマウスウォッシュしてます
「歯周病も歯の美しさも満足できるマウスウォッシュが欲しい!」
という思いからシシュテックを開発しました。

 

歯周病予防、ホワイトニングもできるマウスウォッシュ
子供から大人まで歯周病予防専用マウスウォッシュ
歯科医院でケアをすすめられてから、では遅いです。

 

 

 

 

 

最後に
年2回の歯科医院での健診と歯科衛生士さんによる「歯石除去」をお勧めします。


ホーム RSS購読