歯槽膿漏 歯周病

歯槽膿漏になる前の歯周病予防・シシュテック

歯科医院での歯槽膿漏・歯周病治療には高額な治療費と気の遠くなるような時間がかかります

軟らかい食べ物、飽食・噛むことの少なくなった現代、こどもが歯周病に、糖尿病になる時代です。

 

歯周病は自覚症状のないままに静かに進行する Silent disease 無症状疾患です。

 

 

 

【歯槽膿漏予防】に特化した医薬部外品 ・シシュテック

 

 

シシュテック
12972

 

歯はひとり一人の宝物・トレジャーです

 

・10秒程クチュクチュするだけ
・アドバイスブックや購入者へのサポートも充実
・口もスッキリするし、何より医薬部外品だから安心

 

・自分の歯で食べられるご飯のありがたみ
・歯周病予防&ホワイトニングもできるマウスウォッシュ
・日本製
・医薬部外品
80%の方がクレジット決済

通常価格 容量 1回あたり
¥8800(+送料¥700) 500ml・ 1か月分 ¥70

 

 

 

歯周病と糖尿病

 

歯周病とは、歯周病菌によって引きおこされる感染症です。

 

 

 

 

糖尿病とは、食べたものから分解された糖分が、体内に吸収されにくくなり
血液中に糖分が溜まってしまう状態(高血糖)が続く病気です。

 

高血糖状態が続くと、免疫力が低下し感染症にかかりやすくなり
さらに心臓病、腎臓病、脳卒中、失明などの合併症を引き起こしてしまいます。

 

歯周病が糖尿病と深く関連する病気であるということがわかりました。

 

 

 

歯周病は、お口の中だけの病気ではありません

 

 

歯周病の原因は普段見えない歯周ポケットの内部に付着した

「歯垢」によって引き起こされる炎症です。

 

 

 

歯周病菌は血液を介して全身を駆け巡り、インスリンの働きを妨げ
恐ろしい糖尿病を引き起こす原因にもなることがわかっています。

 

 

歯周病は、糖尿病のほかに心臓血管にも侵入して心疾患、
へその緒を通じて胎児に影響する早期低体重児出産

 

 

 

唾液中に含まれる歯周病菌による誤嚥性肺炎
歯を支える歯周組織にも悪さをしてしまい骨粗しょう症とも深くかかわっているのです。

 

 

 

こんな症状ありませんか?

 

 

・硬いものが噛みにくい

 

・あれ?歯が長くなってる?
・必ずといっていいほど歯磨き中に出血していた

 

 

 

・歯医者さんに初期の歯周病ですと言われた
・歯茎がすごく下がっていることや隙間が気になる
(骨が溶けておりこのままでは歯が抜け落ちると言われた!)

 

 

 

・歯磨きは歯間ブラシ、フロス、していても朝起きると口の中がネバネバする
・歯肉がむず痒い

 

 

・歯が揺れてきてるような気がする
・「歯槽膿漏」なんてもっと年上の人が気にするもの…
・口臭が気になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に
年2回の歯科医院での健診と歯科衛生士さんによる「歯石除去」をお勧めします。


ホーム RSS購読